何を入れるかによって「包むかたち」は変わります。

三和紙器は段ボールだけでなく、コートボール、薄紙フィルムなどあらゆる素材を使って、ご希望の箱をつくります。安くて丈夫なことはもちろん、安全で効率的で、
運びやすいかたちも提案。
三和紙器が考えるトータルパッケージとは「包むことすべて」に最適な答えを導き出すことなのです。

天然素材をリサイクルしているからエコ。その上軽くて丈夫!

しかも、すべてがオーダーメイドながらローコスト!
もちろん、ご注文から短期間で大量デリバリーも可能!
このように優れた包装資材、それが段ボールです。ただ、より高い品質が求められる今、問題視されるのが、段ボールのご使用時や輸送時に発生する紙粉です。
弊社特許の紙粉除去装置で製造した段ボールは、安心・安全・異物混入防止を信条とされているお客様のご要望にお応えできる、業界最高水準の紙粉除去段ボールです。

カビの発生や内容物の品質悪化の原因となる段ボールの紙粉。食品をはじめ、製品の安全性が厳しく問われる今日、紙粉の少ない段ボールへのニーズが高まっています。三和紙器では、高まるお客様のご要望にお応えするべく、世界唯一の紙粉除去システムを開発しました。これにより、移動時や納入先での箱組み時に出る紙粉までも未然に食い止めることができます。また、この紙粉除去装置は別工程で実施することなく、段ボールの製造工程のインラインで除去するため、安定した超高レベルの紙粉除去をローコストにて実施しております。段ボール原紙のリサイクル率の高まりに伴って増加している紙粉。三和紙器は、この独自のインライン紙粉除去装置により、今日の環境問題にも対応し、付加価値の高いクリーンな段ボールを生産・販売して参ります。

紙粉除去装置開発の歴史

2000年に発生した大手食品メーカー異物混入集団食中毒事件発生以降、食品メーカーへの異物混入に対する要求はこれまで以上に高まりました。食品をはじめ、製品の安全性が厳しく問われる要求にお応えすべく、2001年、三和紙器は段ボールから発生する紙粉を除去した商品づくりに取り組みを開始しました。

2001年8月 紙粉除去装置1号機
強力掃除機と独自開発の回転ブラシによる紙粉除去を実施。
2004年11月 紙粉除去装置2号機
紙粉除去ニーズの高い薬品・食品メーカーの段ボールを紙粉除去装置へ自動移動・超強力ブローと吸引・振動により紙粉の大幅除去を実現しました。
2010年2月 紙粉除去装置3号機
2号機設置後の段ボールケース20万枚を使っての2,000回にも及ぶ紙粉採取テストのデータを基に開発。完全密封型紙粉除去機内で弊社独自の特別な機構で、紙粉除去能力を驚異的にアップしました。

紙粉量が大幅削減!紙粉除去システムとは...

大幅に能力アップした紙粉除去システムにより、製造時に発生する紙粉だけでなく、輸送時の振動や納入先での箱組みの際発生する紙粉も大幅にカット!
紙粉除去システムによって、「カビの発生抑止」「検品作業の軽減による生産性の向上」「工場の美化促進」「機械のメンテナンス性向上」といった紙粉問題を解決できます。

 

紙粉除去システムの使用比較

食品業界をはじめとするお客様のご要望にお応えできるよう、三和紙器では、様々な角度から衛生管理に取組んでいます。開口部を二重構造にすることで飛翔昆虫などの侵入防止を強化、毛髪混入対策や異物を生産現場へ入りこませない作業者の入場管理など、お客様の安心と満足にこだわった衛生管理を行っています。 

このページの先頭へ